お金と資産を
増やして守る情報サイト/Gold beans.

大正ロマンな銭湯とコミュニティの場になった風呂なし物件(東京都大田区)

お風呂がないというだけで借り手がみつかりにくい風呂なし物件を自分の手で改装し、1室をレンタルスペースにすることで風呂なし物件をアップデート。新たな風呂なしの魅力を再構築。

鹿島奈津子2024/02/05

大正ロマンな銭湯とコミュニティの場になった風呂なし物件(東京都大田区)
  • DIYイベントできれいにリフォームされた風呂なし物件
  • 風呂なし物件がアパートではなく地域のコミュニティスペースに変身
  • 近くにある2つの銭湯は「寛いでよし」「飲んでよし」

令和6年の初寄稿となります。今年も銭湯やそれに関する物件について投稿していこうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
令和6年年始めに京都にある「鴨川湯」という銭湯にうかがおうと思っていたのですが、諸事情で、行けずじまい。今年は「鴨川湯」に行くことが目標になりそうです。

さて、令和6年の最初にご紹介するのは大田区にある風呂なし物件「柏アパート」についてです。

風呂なし物件を引き継いだものの…

「東京銭湯ふ動産」を運営開始してから1年ほど経ったころ、東京都大田区にある柏アパートという風呂なし物件のオーナーさんから相談を受けました。

その内容は、おじいさまから不動産管理を継承し、これから自分で管理運営をしていくことになった風呂なし物件についてでした。その物件の同じ敷地内には2棟の建物があり、うち1棟の1階には祖父母夫婦がお住まいになっている昔ながらの物件。建物自体はおじいさまがご自身でこまめに改修しており、とても管理された物件でした。
ただ、空いた1室は長年暮らしていた方がおられて、その部屋がタバコのヤニでくすんだ状態になっていました。

アパート外観

この部屋を活用したらよいか、そのまま募集をすればよいかなどを悩んでいました。
正直、お部屋を拝見したときには改修しないと、そのままではなかなか募集は難しいなと思っていましたが、おじいさまが改修などもてなれていること。そして、何よりも新オーナーになるご相談者も自分でやってみたいという思いもあり、自分たちでDIYをして綺麗にしようということになりました。

1 2 3 4

この記事を書いた人

鹿島奈津子

鹿島奈津子東京銭湯ふ動産/株式会社フィールドガレージ 不動産担当

1985年8月生まれ。大阪府出身。
滋賀県成安造形大学住環境デザイン科を卒業後、京都で京町家の再生活用などに携わる。
結婚出産を機に上京し今は茅ヶ崎で男の子二人、黒猫一匹と暮らすシングルマザー。
2014年フィールドガレージ入社、2015年「東京銭湯-TOKYOSENTO-」で銭湯ライターとして活動。2018年7月「東京銭湯ふ動産」を立ち上げる。

  • Twitter
  • WEB

※このサイトは「事業再構築補助金」を活用しています